心と体を整えるボディワーカーとして、あなたが理想とする心身の状態、あなたが望む人間関係を手に入れるためのお手伝いをしております。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 今の現状が何となく嫌になりはじめているときに読む

今の現状が何となく嫌になりはじめているときに読む

このままでいいのだろうか、、、と「変われない」自己嫌悪/やり方はあります。ただし「する」ことでしか変われません。

  最近では、小学校で「1/2成人式」というものがあるそうです。 ちょうど、10歳になる小学4年生で行われるイベントらしく、「将来やりたいこと」「なりたい職業」などを発表したりもするようです。 ただ、そんなイベ …

「できない私」で言い訳することを止めたいならば、慣れてしまった「自己嫌悪」から抜け出すこと

  面白そうなイベントを見つけたので参加の申し込みをしたものの、一週間ぐらい前になって「行こうか行くまいか、、、」というような迷いを持ったことはありませんか。 あるいは、仕事として募集していた企画に参加を予定し …

「失敗しないように」と思えば思うほど、うまくいかない理由。それは「否定表現」が原因です。

  失敗を恐れずにチャレンジできる人をうらやましく思うことはありませんか? 同じ失敗をしないようにと思うのにまたやってしまった、、、という経験はありませんか? デートや仕事で「ここぞ!」というときに限って力んで …

「好き」に惑わされていませんか?/がむしゃらに、一途に、没頭できるかどうか、それだけです。

  好きなしごと 好きなひと 好きなもの 「好き、、、」 いいですよね~。この響き。 私は好きです。 この言葉。   ただ、、、 「好き」ではじめた仕事なのに 「好き」で一緒になった人なのに なぜか今 …

我々の直面する問題は、それを作った時と同じ考えのレベルで解決する事はできない

  最近はよくSNSなどで 「自分の本当の気持ちに正直になりましょう」 「自分の声に従ってちゃんと生きましょう」 という言葉によく出くわします。 そして、「意識と無意識」「思考と直観」などという対比とともに、「 …

「私はダメな人間だから」の処方箋/中途半端なポジティブシンキングは危険薬です

  社会人になってから「夏休み」は、子供のころと比べると、その嬉しさも和らいでいる人が多いかもしれませんが、それでも、年度初めの慌ただしさも落ち着いたころ、年度終盤に向けて体を休めるにはちょうどいいタイミング。 …

迷っています。受験に失敗したこれからの進路を/あなたは何のためにその道に進むのですか

  学校の授業が終わると、そのまま進学塾。講義が終われば自習室でひたすら復習。晩ごはんは、塾の休憩室でオニギリ2個を10分で頬張り、すぐに自習室に戻ります。 塾が閉まる22時までは自習室にて勉強。家に帰り、すぐ …

たった1回の出来事が何十回もの「経験」となる理由/「映像」を使った嫌な思い出の書き換え(NLP的方法論)

  楽しかった出来事、嬉しかった出来事、、、なんでもかまいませんが、何かの「思い出」を思い出してみてください。 その時にいた人たちの顔や場所、あるいは、誰かのしゃべり声や走る車のエンジン音や、自転車のチャイム、 …

叶えたい夢があるならば、「今できそうなこと」をまずは真剣に考えてみることです。

ただやみくもに求めても、なんの目的もなく歩いても、「得たいもの」を得ることはできません。 「得たいもの」があるならば、そこには到着できる地点が必要です。 もちろん、それはあくまでも「到着駅」であって、「終着駅」ではある必 …

最良の敵は「良」である

「変わりたくない」 「このままでいい」 「自分を守るので精一杯」 そんな人が動こうとする姿に、私は感動するのです。 ただただ、純粋に。   けれども誰もが持つのです。 心に秘めた、動く情熱を。 私は、知っていま …

あなたの「自己肯定感」を高めるにはどうすればいいと思いますか?

「自己肯定」って何だと思いますか? 自分に「OKという」こと? 自分を「許す」こと? 自分を「認める」こと? 自分に「好きだという」こと? 自分を「自愛する」こと?   私は、どれを選んでもいいし、全部だといっ …

人が将来のことを思い悩むのは、未来は未知の領域であり誰にも分からない「不確実である」からです。

そもそも私たちの人生、「一体何が起こるか分からない」というところが本音のところ。 もちろん、「創っていく」ものだと思っていますが、それでも、事故を予測したり、震災を予想したり、死期を知っているわけでもありません。 これは …

1 2 »

ニュース

後藤安賀里プロフィール

%e3%80%90pf120%e3%80%91-png

NLPとピラティスを扱い、<呼吸>に注目しながら「心」と「体」の両面にアプローチする心身調整を大阪市内で行っている。また、毎月「行動するための読書会」を開催する傍ら、大阪府内の公益団体では、子育てやパートナーシップ、親子関係に悩む「女性」を輝かせる活動を行っている。
詳しくはこちら

フェイスブック(facebook)

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 

お問合わせ内容 (必須)

メッセージ(必須)

  • facebook
PAGETOP