掃除、洗濯、ご飯の支度、子どもの塾の送り迎えに、旦那さんのワイシャツのアイロンがけ。
旦那さんや子どもたちが喜ぶ顔が見たいと、家のこと、家族のこと、子供たちのことに、お母さんはどれだけ毎日心を砕いてるでしょう。

けれども
家の掃除が行き届いていてキレイなのは「当たり前」
お母さんがご飯を作ってくれて「当たり前」
明日着る服が洗濯できていて「当たり前」

と家族が思っていると、お母さんとしてもやりきれないですよね?

 

ほんの少しの何気ない
「家がきれいだから落ち着くね」
「今日のご飯とてもおいしいよ」
「洗濯したての服は気持ちいね」
そんなちょっとした言葉を聞くだけでお母さんは元気が出るのに、、、

「褒めてほしい」などと思って家事をやっているわけではないけれど、「ありがとう」という言葉が欲しくなる時もありますよね?

家族の素っ気ない態度に心がイライラしてしまい、旦那さんや子どもに八つ当たりしてしまうことはありませんか?

 

温かいお風呂においしいごはん、パリッとしたシャツに柔らかいタオル、ときにはお布団もふかふかにして、、、ほんとうに気持ちのいいものです。

もちろん、そんな「居心地のいい家」であることは、旦那さんにとっても子どもにとっても、嬉しいことだと思います。
疲れた体に温かいお風呂、グウグウとなるお腹においしいごはん、お風呂上りのふかふかタオル、、、思わず笑みがこぼれてしまいそうです。

けれども、旦那さんや子どもたちの笑顔がみたいと、「居心地のいい家」であるためにあまりにも頑張りすぎてお母さんの体は疲れていませんか?

 

朝起きれば、お弁当の準備に朝食の支度、、、目覚ましが鳴れば、お母さんは旦那さんや子どもたちのために大忙しです。
そんな忙しい朝でも、起きて顔を洗いながら鏡を見てください。

夕飯などのお買い物にでかけるとき、たとえ近所のスーパーであっても、「女性」としての容姿に気を配っていますか?
お化粧をしながら鏡を見たり、あるいは、身だしなみをチェックするために鏡を見てください。

「そんな余裕などありません!」、、、これが多くのお母さんの意見かもしれません。

 

もしかすると、家の用事を片付けることに忙しく自分のことに気が回っていないかもしれませんが、そんな余裕のないあなたは、いつもどんな顔をしているかを知っていますか?
たとえあなたは知らなくとも、旦那さんや子どもたちは、あなたの顔がどんな表情であるのかを見ています。

たとえ「居心地のいい家」のためにといっても、元気がなくなり笑うことも少なくなり、容姿まで気持ちが回らず、肌荒れや吹き出物にたるんできたお腹にお尻、、、そんな「頑張るお母さん」は、旦那さんにとっても子どもにとっても魅力的だと思いますか?

もし、気持ちの余裕のなさが原因で、心がイライラして旦那さんや子どもに八つ当たりしてしまったならば、どんなに家事や育児に頑張ったとしても、あなたの「家族の喜ぶ顔がみたい」という純粋な思いが相手には伝わることはないでしょう。

ただの、イライラして不機嫌な「お母さん」に終わってしまいかねません。

けれども、それはお母さんの本意ではありませんよね?

 

思うように家事ができて、なおかつ、それ以外に自分の好きなことができる時間が作れるとすると、何かしたいことはありませんか?

子どもが小学生になり少しは子育てに余裕も出ているならば、掃除や洗濯、お買い物や夕飯の準備などを効率よく終わらせて日中に自分だけの時間を作ってみませんか?

たとえば、肌荒れや顔や髪の毛の艶がなくなってきていることが気になり始めているならば、頭も含めた全身の血行を良くして肌のターンオーバーも活性化させる「運動」の方法をお伝えします。

家族の笑顔のためにと家のことに心を砕くお母さんが、「女性」としての魅力を持ち続けるために。

 

【運動によって筋肉を動かし血流の巡りをよくすればターンオーバーが促されてお肌もキレイに「若返り」効果が期待できます】

 

血液は、心臓のポンプ機能によって全身に送られます。一日に10万回もの拍動で8トンもの血液を送り続けるそうです。
また、血液が流れる血管は枝分かれを繰り返しながら細くなり、毛細血管となって体内にすみずみに広がっています。
ちなみに、血管の一番太いもの(大動脈)で断面は10円玉と同じぐらい、一番細い毛細血管はおよそ1000分の1ミリなのだそうです。

血液の中には体の代謝に必要な酸素や栄養素が含まれていて、心臓のポンプ機能から体中にいきわたるのですが、それだけでは毛細血管が広がる体のすみずみにまで、血液を十分に送ることが難しいともいわれています。
そこで機能するのが「筋肉」です。

筋肉は血流を補助する働きがあり、心臓から出た血液は筋肉が動くことで静脈が押しつぶされ、血管内の血液がより早く心臓に戻ることを助けるのです。

つまり「運動」によって筋肉を動かしたならば、血液が循環が促され血流がよりよくなる、ということでもあります。

ただし、一過性の「運動」ではなく、運動を習慣化することで好循環の血流を維持することが大切です。

 

【家でも簡単に取り組め気持ちよく運動習慣化できる方法があります】

 

それが心と体を整えるボディワークです。

 

カラダ6

アカラトリでご提供しているエクササイズには、それほど派手な動きはなく簡単に覚えられる動きが多くあります。
何より、動かしたい部位を「適切に」に動かし、安定させたい部分を「ちゃんと」安定させることを常に意識させる動きでもありますから、脳を使った「意識の運動」ともいえます。

つまり、「意識」をしながら「適切に」「ちゃんと」体を動かすということが、脳に体の動きのインプットをスムーズにさせ、動きの「習慣」を促します。

また、このように意識を集中させて特定の動作を行うことで脳は余計なことを考える暇もありませんから、イライラする気持ちが和らぎます。

エクササイズをすれば血液の循環が良くなるだけでなく、心の状態も落ち着き気持ちが安らぐわけですから、毎日続けずにはいられなくなるのです。

 

家族のためにと頑張りすぎて、「女性」としてのあなた自身のことをなおざりにしていませんか?
心と体を整えるボディワークで、あなた本来の女性の魅力を取り戻し、よりいっそう磨きをかけていきましょう!

 

 

心と体を整えるボディメイキングサロン情報

公式ホームページはこちら→ http://www.akaratoli.com/

 

心と体を「健やか」にするおはなし

いつもの何気ない日常生活にちょっとした彩をそえるための、心と体を「健やか」にするおはなしを、月2回のメールマガジンにて配信しております。