最近では「糖質制限」がブームのようになり、コンビニや本屋でもそのような雑誌や本をよく見かけるようになりました。

ダイエットの手法としては「効果が高い」ともいわれているようですから、あなたも「糖質制限をしようかな?」なんて考えたこともあると思います。

また「糖質制限」に関する情報もさまざまで、「しっかりとした管理があってこそ!」という表現も見聞きしますし、試した方のなかには、「私には厳しかった、、、」という声をお聞きすることもあります。

 

糖質制限までは考えていなくとも、おなかのポッコリや二の腕のたるみを気にして、大好きな甘いものを食べることを我慢していませんか?

我慢しようと思えば思うほど、いつもは気にならないチョコレートのCMや「たい焼き」「濃厚ソフトクリーム」と書かれた看板に目がいってしまい、おかげでストレスが溜まるばかり、、、

そして大好きなお酒!!
最近では、ダイエットなどを気にする女性やメタボを気にする男性向けに「糖質オフ」「プリン体0」などという表示もあるくらい、お酒にも気をつかっているようですが、、、

居酒屋などで友達とワイワイしながら、仕事で疲れた体のエネルギー補給に「生ビールで乾杯!!」ということも多いのではありませんか?
居酒屋の「生中」を飲むのに、糖質やプリン体を気にしては楽しめませんよね?

けれども、ダイエットの名のもとに大好きなお酒まで制限してしまうと、、、そのダイエットが、いよいよ辛くなってきてはいませんか?

 

そんなストレスや辛さが重なりパートナーとのケンカが多くなっちゃって、、、
大好きなものを我慢せずにダイエットや体型を維持できないものかと悩ましいですよね?

 

けれども実は、「しないように」という「我慢」は、心理的には、むしろ「する」ということを頭に植え付けてしまいます。

たとえば「甘いものを食べないようにしよう」を例にすると、「甘いものを食べる」をイメージしてから、それを「×」とするイメージです。

つまり脳の認識の仕組みとして、「食べない」という否定形のイメージを直接作ることができないため、<「食べる」→「「ない」を付加する」>という過程をたどることになります。

ということは「食べる」を意識せざるを得ないのです。

ですから、「我慢をする」ということを頑張れば頑張るほど、脳には「食べる」を植え付けてしまう一方で、現実には「食べない」という状況が続くわけですから、このギャップが、脳に「どうして食べ物が入ってこないの?!」というストレスを溜めさせる、というわけです。

 

では、食べることの我慢によってストレスをためないためにはどうすればいいのでしょうか?
それは、食べることで取り入れたカロリーを消費しやすい体を作ればいいことになります。

 

【筋肉を動かすことを意識しながら脂肪を減らしていけばいいのです】

 

筋肉量を増やしても基礎代謝はそれほど上がらないといわれています。
筋肉1kgにつき、わずか13kcalのカロリー消費増しかないそうです。

では、なぜ「筋肉をつければダイエットに効果的」といわれるのでしょうか?
それは、筋トレやランニングなどの有酸素運動によって「成長ホルモン」の分泌が促進されるからです。

「成長ホルモン」は子供たちの体の成長を話題にするときによく使われる言葉であり、骨や筋肉を成長させるために欠かせないとされている所以ですが、一方で、「成長ホルモン」は炭水化物やたんぱく質、脂質などの代謝促進の作用があるとされています。

ということは、筋肉を意識して動かすことで成長ホルモンの分泌を促し代謝をあげれば体脂肪を燃焼しやすくなる、というわけです。

また、同じ大きさの脂肪と筋肉を比べると、脂肪より筋肉の方が密度高いため、脂肪よりも筋肉の方が重くなります。
言い換えると、同じ重さの脂肪と筋肉を比べたならば、脂肪よりも筋肉の方が小さいのです。

これが、脂肪より筋肉の方が体重が重くなる一方、見た目に引き締まって見える理由です。

 

つまり、食べたいという欲求を満たし、見た目に引き締まった体型を維持しようと思えば、筋肉を動かすことを意識しながら脂肪を減らしていけばいいのです

 

あなたの「体」を見直せば、体型が気になって甘いものを我慢してストレスをためることはなくなるでしょう。

 

【筋肉を動かすことを意識しながら脂肪を減らす方法があります】

 

それが心と体を整えるボディワークです。

 

【カラダ作り】1606_様子2

アカラトリでご提供しているエクササイズでは、動かしたい部位を「適切に」に動かし、安定させたい部分を「ちゃんと」安定させることに注目するため、意識をしながら筋肉を使うことができます。

一見地味なエクササイズではありますが、「適切に」「ちゃんと」体を動かすことが普段はできていないため、いつもは使わない筋肉をちゃんと使うことができます。

そうして筋肉を一律に使うことを意識することで、偏りを無くしバランスの良い均整のとれた体づくりが可能になるのです。

 

体型を気にして好きなものを我慢しながらストレスをためてダイエットに行き詰まっていませんか?
心と体を整えるボディワークであなたの「体」を見直せば、この悩みから解放されていくことでしょう。

体型を気にして食べたり飲んだりすることを我慢しなくていいような、カロリーを消費しやすい体をメイキングしてみませんか?

 

 

心と体を整えるボディメイキングサロン情報

公式ホームページはこちら→ http://www.akaratoli.com/

 

 

心と体を「健やか」にするおはなし

いつもの何気ない日常生活にちょっとした彩をそえるための、心と体を「健やか」にするおはなしを、月2回のメールマガジンにて配信しております。