もっとも重い「頭」を頂点に地へ足をつけ二足歩行をする人間にとって、理想的な「カラダ」とは左右の筋バランスがシンメトリーであること。

つまり「頭」の重力にも地の重力にも逆らって、直立するカラダにもっとも負担のない理想的な姿勢が左右対称だというのです。

 

けれども、「シンメトリー」のカラダをもった人間などいるのでしょうか

たとえ、世界的に有名な美人の女優でも、均整のとれたアストリートでも、カラダがシンメトリーであることはないのです。

ただし、シンメトリーに近づくために自らのカラダを鍛えている人間はいる。

これが、もっとも的確な回答でしょう。

 

「素直なカラダ」は、もちろん、そこも目指します。
けれども、そんな「理想的なカラダ」に近づけるだけが目的ではありません。

たとえ「理想的なカラダ」でなくても、思うように「カラダ」を動かすことができれば、思うような現実世界を歩くことはできるのです。

「無意識」を「意識」におくことで。

 

無意識的にできた「再現できない偶然」を
意識的に「できない」と自覚し
意識的に「再現可能」へと変えていく

普段、意識せずに動かすカラダ。
そんな無意識の領域を、敢えて「意識」に取り戻そうとするのです。

 

つまり、たった3%の「意識」の世界から、97%もの膨大な情報量を刻む目に見えない「無意識」の領域へアクセスすること。

そうすることで、これまで見えなかった自分の可能性を引き出すのです。
誰しも、そんな97%の強大な可能性を秘めているのですから。

 

体重が80kgを超え、出かけることも億劫になり、カラダの特徴を指摘されることを怖れて人前にでることも憚られる日々。
仕事は忙しくなる一方で、休日はカラダを休めることで精一杯
未就学の娘の遊び相手をすることもできず、「女」のカケラもなくし、ただ茫然と時間が経つのを待っている生活。

 

素直なカラダ

けれども、そこに終止符を打ちたいと思ったのです。

思うようにカラダが動き、感覚が研ぎ澄まされ、女としても魅力あるカラダ。

 

ようやく自分の「カラダ」と向き合うことにした、私のひとつの答えです。

 

それが<素直なカラダ>

 

 

 

 

 

 

 

■Love and Career■

私の掲げる「性愛整体」の4つの柱。
<受動カラダ/能動カラダ/受動ココロ/能動ココロ>

これらの4つの柱をひとつに体系づけるため、「コミュニケーション」と「性愛」を携え、テーマを絞り、そこにフォーカスした智慧を詰め込んで、この<Love and Career> をプログラム致しました。
いっときの心地よさではなく、認知科学や心理学に則り「感覚」を論理として整理していくことで新たな記憶を生成し、ご自身で再生可能とする術を手に入れます。

*~*~*~*~*~*~*~*~

【実践編:「素直なカラダ」作りの実践講座】

①<素直なカラダ作り編:2時間>
http://www.reservestock.jp/page/event_series/19061

②<エクササイズ編:1時間>
http://www.reservestock.jp/page/event_series/19035

*~*~*~*~*~*~*~*~

【座学+ワーク編】

①<「女」を開くコミュニケーション編:3時間>
http://www.reservestock.jp/page/event_series/19031

女としての魅力を表現するために、またパートナーシップにおけるコミュニケーションの幅を広げるための講座です。

②<ビジネスコミュニケーション編:3時間>
http://www.reservestock.jp/page/event_series/19033

ビジネスシーンに効果的なコミュニケーションをもたらすために、また、臨機応変なコミュニケーションを図るための講座です。

③<親子コミュニケーション編:3時間>
http://www.reservestock.jp/page/event_series/19032

大人や親といった社会的コミュニケーションと、人としての人間的コミュニケーションから親子関係を広げるための講座です。

 

■性愛整体 ~「素直カラダ」で「情熱ココロ」を~■

イライラを魅力に変えてあなたの魅力を引き出す「性愛整体」

ぜひ、日ごろのストレスや疲れを心地よく緩めましょう。

6月のご予約を受け付けしております。
スケジュールおよびご予約はこちらからどうぞ
http://akrtl.info/reservation/

【場所】大阪市浪速区(なんば近辺)

 

■その他のお知らせ■

●素直なカラダとマインドを作る「性愛女子のことはじめ」(大阪/福岡)
●愛し愛され、アマナレッスン@関西難波

スケジュールはこちら→http://ameblo.jp/akrtl/entry-12168119357.html

 

 

※サロン情報
Access