昨日はなぜか、ムスメが宿題に頭を抱えているところに呼ばれ、、、
なんとも、私がムスメの宿題を見るのは、、、どれほど久しぶりか(笑)

 

「ムスメの「勉強」だけは付き合わない!」とココロに決めたときが懐かしい。

なぜなら、ついつい口出しをし過ぎて、険悪ムードに怒りムードが、お互いの心身によくないと判断しものですから(笑)

あれはもう、、、3年前。
私が、ムスメの作り笑いに怯えた目に、気づいたときでした。

そしてつくづく思うのは、私も「成長したな~ ^^」
ムスメの苦手な「算数」が一緒に遊べるようになっているのですから(笑)

 

何が「成長」したのかは、、、いろいろあると思います。

特にここ1年少しの学びから得たものは計り知れませんが、子育てにおいて大きかったのは、やはり「諦める」というところだったように思います。

「諦める」、、、もっとも、建設的な「諦め」ですよ(笑)

 

それは「私と娘とは違う人」という諦めです。

産まれた年代も違えば、産まれた日も違う。
体格も違えば、性格も違う。
もちろん、親がそもそも違う。

 

母親である「私」から産まれた、という共同体のような意識が、「違う」という視点を曇らせているのかもしれません。

同じ家に住み、同じご飯を食べ、多くの時間を共有している、という意識が、「違う」という視点に向かいにくいのかもしれません。

 

けれども、「私」と「娘」では、そもそも「できること」が違うのです。

たとえ、小学生の頃の「私」と比べても。

 

IMG_1757

だからこそ「諦める」のです。

同じ言葉
同じやり方
同じ表現

「通用するとは限らない」ことを、ちゃんと知ることなのです。

 

そうして、相手に合う方法を見つけていくこと。

あとは、、、知識も経験も豊富な大人の方から、まず折れましょう ^^

 

 

心と体を「健やか」にするおはなし

いつもの何気ない日常生活にちょっとした彩をそえるための、心と体を「健やか」にするおはなしを、月2回のメールマガジンにて配信しております。



お気軽にお問合せください

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

 

お問合わせ内容 (必須)

メッセージ(必須)